あきらめない方法がきっとあるから

アレルギー疾患とは以下のようなものが
あります。

・アトピー性皮膚炎
・慢性湿疹
・喘息
・鼻炎(副鼻腔炎)
・花粉症
・慢性中耳炎
・潰瘍性大腸炎
・慢性膣炎
・慢性無菌性膀胱

ひとによりアレルギーの原因は違いますが、根本的に対処しなければ、どんどんアレルゲンの原因が増えることが統計的にわかっています。

具体的には、

身体に溜めた毒素を身体の外に出しましょう。
アレルギー反応の抗体IgEを下げましょう。
免疫に関するリンパ球の中のTh1とTh2のバランスを取りましょう。
粘膜を強くしましょう。
粘膜の(皮膚)の過敏度を下げましょう。
炎症をおさえましょう。

治るためには、漢方+生活習慣・食生活の改善が必要です。


まずはお悩みをお聞かせください。
お電話での無料相談は月曜日から土曜日の10時から18時まで受付しております


アクセス
お問い合わせ